妊娠・授乳中もOK?添加物は?葉酸スムージー(Natural Healthy Standard)

pregnant-776506_1280

ダイエットや美容目的で愛用する人が増えているグリーンスムージーですが、自分だけでなく赤ちゃんのことも気にしなくてはならない妊娠中、授乳中、妊活中には、特に市販のものだと添加物が気になります。

グリーンスムージー人気ナンバー1のNatural Healthy Standardさんから、妊娠中、授乳中にも飲める「葉酸スムージー」が発売されたそうです。どんなものか見ていきましょう。本当に妊娠中にも飲んで大丈夫なんでしょうか?

ミネラル葉酸スムージーの栄養

このミネラル葉酸スムージー、合成添加物、保存料などが不使用で妊娠中や授乳中にも飲んで安心。原材料も全て最終加工国まで記載されており、どこでつくられたかがはっきりしたもののみを使用しています。特に食べるものに気を遣う妊娠中や授乳中にも安心ですね。

さらに、添加物不使用なだけでなく、妊娠中などに必要な栄養素が強化されています。

mineralyosan

Natural Healthy Standardのロゴをクリックすると詳細を見ることができます。

妊婦さんに嬉しい栄養 1.葉酸

妊娠するとよく「葉酸を摂りましょう」と言われます。この葉酸は、その文字通り葉物野菜などの多く含まれる栄養素で、赤ちゃんの脳や神経を発達させるのに必要だといわれています。妊娠がわかって病院に行ってから葉酸のサプリメントなどを摂り始めるケースが多いのですが、実は葉酸は妊娠初期にこそ必要な栄養素。特に赤ちゃんに葉酸が必要な時期、受精後1~2週間から3ヶ月目までの間にしっかり取っておくことが重要です。なので、妊娠を希望する人は、妊娠がわかる前の段階からしっかりと葉酸は摂取しておくべき。

ミネラル葉酸スムージーには1食あたり200μgの葉酸が含まれており、妊娠中に必要と言われている葉酸の半分以上を摂取することができます(妊娠中、1日に必要な葉酸は370μg以上)。

葉酸を370μg摂取しようとすると、ほうれん草なら1束、アスパラガスなら16本が必要になるので、大変。これを補えるのが葉酸スムージーです。

妊婦さんに嬉しい栄養 2.カルシウム、鉄

葉酸の他にも、妊娠中に特に必要とされるカルシウムや鉄分。妊娠中は血液量が増えるため、貧血にならないためにも鉄分が必要ですし、胎児の骨や歯をつくらなければならないためカルシウムも不足しがちです。ミネラル葉酸スムージーには、これらの栄養も強化されています。

ただし、1日の必要量に対して葉酸よりは含有量が少なめなので、サプリメントや他の食品の補助的な位置づけで飲むと良いでしょう。

葉酸(μg) カルシウム(㎎) 鉄分(㎎)
妊娠時 通常時 含有量 妊娠時 通常時 含有量 妊娠時 通常時 含有量
370 200 200 900 600 13 20 12 0.14

普通に野菜を食べていれば葉酸はあまり不足しませんが、妊娠初期は特に葉酸が大量に必要になるので、妊娠を希望しているのであればミネラル酵素グリーンスムージーの代わりに葉酸スムージーを飲んでおくのと良いでしょう。

ミネラル葉酸スムージーの添加物

さて、妊娠中や授乳中には特に気になる「添加物」。Natural Healthy Standardさんのページから原材料欄を見ると、使用されている添加物はデキストリン、増粘剤、甘味料、香料など。どれも通常の食品によく使われるものが多いです。

スムージーは加工食品ですから、添加物無しで作ることは不可能。当然添加物もある程度は含まれています。食品に使用されている添加物は厚生労働省の認可を受け、しかも含有量まできっちりと規制された上でつくられているため、そこまで心配する必要はありませんが、どうしても添加物が気になるという人は避けた方が無難でしょう。

市販の野菜などにも農薬が使用されていますし、加工食品やサプリメントにも当然色々な添加物は使用されています。添加物を完全に避けることは現代においてほぼ不可能といっても過言ではありませんから、摂りたい栄養と内容を見て選ぶと良いでしょう。

ミネラル酵素グリーンスムージー

Natural Healthy Standardのロゴをクリックすると、から葉酸スムージーの詳細を見ることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ