プロテインとスムージーのメリットデメリット 知っておくべき違いとは

置き換えダイエットで代表的なプロテインとスムージー。それぞれのメリットとデメリットを知り、自分に合ったダイエット方法を選びましょう!

ドリンクを持つ女の子

プロテインのデメリット

置き換えダイエットをするにはとても効果があるプロテインですが、飲む際には注意点があります。それは、飲むタイミングと量に気を付けること。

飲みすぎなければ問題ありませんが、プロテインの取りすぎが内臓の疲労、体臭の原因になることがあります。

プロテインはタンパク質として腸で吸収され、肝臓で分解し、腎臓で尿にして体外に排出します。タンパク質を取りすぎると、肝臓や腎臓がこれらの分解・排出で負荷オーバーになってしまい、内臓に負担をかけることになります。

プロテインの過剰摂取によって肝臓の機能が低下し、貧血などになる場合もあるのでご注意を。

さらに、炭水化物を減らしてプロテイン、つまりタンパク質を多く摂っていると、エネルギーとして燃やす糖質が不足するので、体はエネルギー源としてタンパク質を使い始めます。タンパク質が体内で分解されるときに発生するケトン体という物質が体の中から臭うことにより、いわゆる「ダイエット臭」が発生することがあります。

また、乳製品アレルギーの人は乳製品を原料としたホエイプロテインは避けて!大豆を原料としたソイプロテインならOKです。

プロテインのメリット

何と言っても、効率よく筋肉をつけることができること。代謝を上げてダイエットしたい人、運動をよく行う人にはプロテインはぴったり。

crossfit-534615_1280

コツは、運動前ではなく運動後に飲む(もしくは食事の置き換えにする)こと、飲みすぎないこと。プロテインを飲むなら、1日あたりたんぱく質が40グラム程度が目安(男性なら50グラム)。飲みすぎると、内臓に負荷がかかる可能性があるのはもちろん、逆に太ってしまう可能性もあります。

スムージーのデメリット

スムージーのデメリットは、体が冷えやすいこと。特に生のフルーツや野菜をミキサーにかけて作るグリーンスムージーは、飲みすぎたり冷やし過ぎたりすると、胃から体が冷えてしまうので冷え性の人は要注意。市販のスムージーなら問題ありませんが、こちらも氷の入れ過ぎには注意しましょう。また、グリーンスムージーは飲んでいると「好転反応」といって、倦怠感や腹痛などの症状が出ることがあります。体から毒素が排出されている証拠なので心配しすぎなくても良いですが、好転反応が出たら飲む量や頻度を調整する必要があります

スムージーのメリット

ダイエットや美肌効果など色々ありますが、私が一番実感しているのがお通じ改善効果。飲んでいるスムージーは市販のものですが、飲む日は必ず午前中にお通じがあります。普段お通じに悩んでいない私でも実感があるので、便秘気味、溜めこみやすくて肌も荒れがちな人にはかなり効果的です。

belly-2354_1280 (2)

お通じ改善、ダイエットにも効果的なスムージーの飲み方は、朝ごはんの代わりに置き換えをすること。空腹の状態で飲むことがポイントです。

プロテインと比べてお値段もお手頃なものが多いので、以前プロテインを飲んだけど合わなかった、痩せなかった、美味しくなくて止めてしまったという人にもハードルが低いのでは。スムージーも美味しく飲むコツがあるので、体験談を参考にしてください。


もちろんプロテインもスムージーも、飲み方を間違えなければ置き換えダイエットにはとても適しているもの。私は色々試した結果、今は毎朝スムージーで置き換えをしています。簡単、手軽で、レイコのOLライフには今のところ一番。

>>これが無くちゃ生きていけない!レイコの簡単スムージー飲み方

>>知らないと損!置き換えダイエットをカテゴリごとに徹底比較

アサイースムージーランキング グリーンスムージーランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ