アサイーは貧血にも効果あり!?妊娠中にも嬉しい健康効果

Berries in bowl isolated

特に妊娠中や生理前、生理中などに、女性では悩む人が多いのが貧血。貧血は、冷え、立ちくらみや失神、息切れや動悸などの症状の原因となり、ツライもの。妊娠中や生理中などは、貧血でなくても大変なものですから、なんとか治したいものですね。今回は、「アサイーは貧血にも効くのか?」というテーマでお話します。

アサイーの鉄分量は、レバーの5倍!?

ダイエットや健康に必要な栄養素が豊富に含まれていることから人気のアサイー。アマゾン原産のフルーツですが、ハワイのサーファーによりその豊富な栄養が注目されるようになってから、アメリカを初め世界中で食べられるようになってきました。

ビタミンやミネラルがたっぷりでスーパーフルーツとも言われるアサイーですが、鉄分が豊富なことでも有名です。アサイーの鉄分含有量は、なんとレバーの約5倍。他にも鉄分の多い食品としては乾燥ひじき、ノリ、しじみやはまぐり、ほうれん草などがありますが、アサイーの鉄分量はほうれん草の6倍!!レバーやほうれん草も好き嫌いがありますし、毎日たくさん食べられるものではありません。また、ひじきやノリも、鉄分補給のために食べようとすると、山盛りたっぷり食べなきゃいけなくなってしまいますから、貧血対策に食べるのは難しそうですよね

非ヘム鉄は、吸収が悪い?

アサイーにも、もちろんレバーやほうれん草にも鉄分は豊富ですが、実はこれらの食品に含まれる鉄分には2種類があり、ヘム鉄と非ヘム鉄に分けられます。ヘム鉄と非ヘム鉄は身体への吸収効率が違っており、ヘム鉄は非ヘム鉄の10倍も吸収が良いと言われています。ヘム鉄は主に動物性の食品に多く、レバーをはじめ肉、卵、赤身の魚などに多く含まれます。一方で、非ヘム鉄海藻、野菜などの植物性の食品に多く含まれます。アサイーの鉄分も、非ヘム鉄です。

吸収効率だけを考えると、レバーなどの方が鉄分がいっぱい取れて良いんじゃない?と思われがちですが、非ヘム鉄はビタミンCやタンパク質と一緒に食べるとヘム鉄に変化する性質がありますから、海藻や野菜、もちろんアサイーからも鉄分はしっかり摂取することができます。

妊娠中の鉄分補給にアサイーが良い理由

女性の貧血の多くは、血中の鉄分が不足することによって起こる「鉄欠乏性貧血」。なので、普段からしっかりと鉄分を補給していくことが大事です。なので、鉄分を多く含む食品を摂りましょう、という話になるんですね。

そこで鉄分たっぷりのアサイーですが、アサイーが鉄分補給に良い理由は、単に鉄分量だけの話ではありません。レバーやお肉、マグロ、カツオなどの魚は、どうしても脂肪分が多く、カロリーが高め。レバーなどをたくさん食べていると、血中コレステロールが上がりやすく、特に妊娠中に食べ過ぎるのは避けたいですよね。ダイエット中も、できればカロリーを抑えて栄養はしっかり摂りたいもの。

そんなときに、植物性の食品からの鉄分摂取です。非ヘム鉄にはコレステロール値を下げる効果もあるので、特にコレステロールが気になる妊娠中でも安心です。

美味しくアサイーで貧血対策!

植物性の鉄分で貧血対策をするときに気を付けたいのがその調理法。上にも書いたように、非ヘム鉄はビタミンCとタンパク質と一緒にとるのが大事です!アサイーなら、ヨーグルトや牛乳、豆乳などと合わせてジュースにすれば飲みやすいですし、それ自体にビタミンCがレモンの3倍も入っています。

284025a28dcfd22d72237ed85e482293_s

アサイーにヨーグルトや豆乳などを合わせたスムージーやジュースは、ダイエットや美肌に良いだけでなく、貧血予防にも理にかなった飲み物なんですね。もちろん、妊娠中や生理中は体を冷やすのはNGですから、いくらジュースといっても、冷やし過ぎには要注意です!!

アサイーって何?スーパーフルーツの理由と効果
アサイーって何なのかわからない、貧血対策以外の健康効果は?まとめて知りたい人はこちら。

美味しい!アサイーレッドスムージー
妊娠中の栄養補給にも良い、アサイーをたっぷり使ったスムージーを飲んでみた体験談です。味や、牛乳や豆乳などのタンパク質源と合わせても美味!

アサイーってなぜ高いの?美味しくてハマるアサイードリンク
アサイージュースって結構高いですよね。でも、安いのもある。どう選べばいいのでしょうか?

私が一番簡単に痩せた方法。
お金をかけずに2キロ減!本当の簡単ダイエット 
アサイースムージーランキング   グリーンスムージーランキング  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ